HEBEL HAUS HEBEL HAUS

People for LONGLIFE 04

土地活用を通してお客様の
未来の幸せを想像している人。

旭化成ホームズ集合営業本部
集合第一支店 営業課長

須田 康信

ヘーベルメゾンを選んでもらうことではなく、
お客様にとって一番良い答えを考え続ける。

私の仕事は賃貸住宅「ヘーベルメゾン」を通して、お客様に土地活用のご提案をする仕事です。私たちの仕事はお預かりする資産の額が大きいケースが多く、常に任せていただくことの責任の大きさを感じています。大切にしていることはお客様がその土地をどう活用し、次の世代にどう残し、そこから得る収益をどうしていきたいのか。そのことをご家族全体の目線で考え、冷静にお話しすることです。その結果、賃貸住宅の建設以外の方が良いという結論が出たとしても、私は良いと考えています。そこまで考えてご提案していかないと本当にお客様のお役に立てない。お客様との深い信頼は得られないと思っています。

その土地に込められた思い出と向き合い、
お客様のこれからの幸せを考えていく。

ヘーベルメゾンを通して、お客様がどうすれば幸せになってもらえるかを常に考えています。入社まもない頃に担当したお客様は、若い頃に奥様を亡くされていらっしゃいました。そろそろご自宅を壊して賃貸併用住宅にしようかというお話でしたが、最初はなかなか家を壊すイメージがお湧きにならなかったようでした。そんな時、壁に飾られた奥様の写真を見ながら、家を通じたたくさんの思い出話をしていただく中で、賃貸併用でも家具や柱など残せるものは残そうというプランになっていきました。今もそのお客様にお会いすると、「あの時、君が言ってくれたからこれが残っている」と喜んでいただいていることが、私にとっての仕事の原点になっています。

ヘーベルメゾンを通して
人をつなぎ、幸せをつないでいきたい。

私たちが手がけるお客様の土地は、古くから代々受け継がれてきた土地であったり、ご家族の思い出がたくさんつまった土地であったり、一つひとつがとても大切な資産です。そうした土地にヘーベルメゾンをご提案することで、まずお客様に喜んでいただき、次に入居していただくお客様にも喜んでいただき、さらにそれを受け継ぐご家族にも喜んでいただく。私たちの仕事はそうしたずっと続いていく幸せの入り口にあります。土地という資産価値を、LONGLIFEにわたって人々に幸せを届ける価値にしていく。それが私の仕事だと思っています。