2022年9月13日

飾り棚インテリア

お気に入りの小物や写真を飾ったり、生活用品をおしゃれに収納したり出来る飾り棚。
お好きな場所に比較的簡単に設置できるので、インテリアとして飾り棚を楽しむ方が増えています。
空間別に、インテリアをおしゃれに彩る飾り棚の実例を集めました!

  • 思い出をダイニングに飾る

    リビングからも目に入るダイニングの一角に思い出を飾る飾り棚を。棚板をシンプルに飾り、インテリアと調和しつつ、アクセントになります。

  • Zoom up!
    飾り棚の素材も活かす

    家具に合わせたダークウッドの棚板とあえてブラックの金物を見せる設置方法で、インテリアのアクセントにしています。アクセントクロスとの相性も抜群です。

  • 光とガラスでリビングに変化を

    壁をくり抜いて空間を有効活用し、出っ張りをなくしたリビングの飾り棚。棚板をガラス素材にすることで、軽やかな雰囲気となり、さらに間接照明で家族の思い出を優しく照らします。

  • ニッチとアクセントクロスで遊ぶ

    飾り棚部分をニッチにして、アクセントクロスを入れる工夫で更にインテリアを楽しむこともできます。棚板の個性的な形が更に際立ちます。

  • キッチンを彩る飾り棚

    ダイニングから目に入りやすいキッチンの背面の壁は、食器棚ではなく、あえてタイルと飾り棚のみにし、上質な雰囲気を演出。 棚板の位置を高くすることで、目線が上がり、LDKのアイキャッチに。

  • Zoom up!
    キッチン飾り棚に動きを

    飾り棚を少しずらしてレイアウトに動きを出しています。照明とグリーンも相まって、空間に潤いを。背面のアクセントタイルが更に素敵な印象を与えます。

  • キッチンカウンターと合わせ技

    対面キッチンのコンロ前の壁や下がり壁を飾り棚でインテリアに活かしてみては?キッチンカウンターと素材を合わせた飾り棚を設置すると、統一感が出るのでおすすめです。

  • 寝室の壁を遊び心でランクアップ

    寝室は壁が多くなりやすいので、飾り棚で遊んでみるのもおすすめ。棚板の長さや設置位置など、レイアウトに変化を持たせることで、ワンランクアップの壁が生まれます。

  • 飾り棚で水廻りに癒しを

    洗面所やユーティリティーは生活感が出やすい場所ですが、取り出しやすく、しまいやすい飾り棚で使いやすさだけでなく、癒しと潤いをプラス。

棚やパーツ、背面の素材の組み合わせを工夫することで、壁をワンランクアップする飾り棚。
お気に入りをいつも目に入る場所へ飾るとそれだけで気分が上がります。
お好きな空間の壁を活かして飾り棚を設置し、お気に入りの風景をつくってみませんか?

となりのヘーベリアンを
もっとみる

その他お役立ち情報は
こちらをご覧ください

  • イマドキリフォームイマドキリフォーム