リフォーム実例集CASE 51

CASE 51

Introduction

外観写真

所在地

埼玉県

築年数

23年

床面積

1階 54.18㎡/2階 61.43㎡ /3階 50.55㎡

家族構成

新築時:奥様のご両親、奥様のご祖母、奥様、奥様の妹様
現在:奥様のお父様、ご主人、奥様、3人のお子様

家族が暮らした住まいの記憶は残しながら、使わなくなった部屋をリフォーム。和室とダイニング・キッチンに分かれていた空間が一新して、家族の憩いの場に生まれ変わりました。

Floor Image

1F 360度カメライメージ

Reform Flow リフォームの流れ

リフォーム工事期間
約1カ月間(2021年8月~9月)
  1. 2021年3月

    屋上、ベランダ防水シート工事時にご相談

  2. 2021年4月

    ギャラリー見学後、LDKリフォームご契約

  3. 2021年8月

    1FのLDKリフォームのご着工

  4. 2021年9月

    完成・お引渡し

Floor Plan 1F間取り

  1. Before間取り図 Before

  2. After間取り図 After

思わぬタイミングでリフォームが決定
使われていなかった1階が家族5人のLDKに

もともとは三世代で暮らしていたY様一家。奥様のご祖母が1階で暮らし、奥様のお父様が暮らす部屋と共用LDKが2階に、ご夫婦とお子様の部屋が3階にありました。「昨年祖母が他界してから1階はまったく使っていない状態で……。将来的に父と私たち家族の生活空間を分けようと考えてはいたものの、まだ具体的にリフォームしようとまでは思っていませんでした。でも、たまたま21年目の防水工事のタイミングで旭化成リフォームの方に相談したら、『一新LDKという新しいプランがある』とご提案いただいてリフォームに至ったんです」と奥様。

ご家族で相談した結果、新築時から長年暮らした思い出が詰まっている2階でお父様が暮らし、新たにリフォームする1階をご夫婦と3人のお子様が使うLDKにすることになったそうです。

  1. 【Before】洋室 【Before】洋室・キッチン(間取り図Aの位置)
    右奥の小さな物置はデッドスペースとなっていました。

  2. 【After】キッチン 【After】ダイニング・キッチン
    物置をパントリーにし、廊下に出られる回遊式に。Before写真左側の、廊下に通じるドアはなくしてデスクスペースにしました。

自由度の高い「一新LDK」プランで
家族が自然と集まる快適空間を実現

いざ計画の段階になると「快適に調理できる広い対面型キッチンがほしい」「2つあった部屋をひとつにして広いLDKにしたい」と、夢はどんどんふくらんだと言います。ご主人いわく「間取りを自由に変えられて細部までこだわれるのに、比較的価格がおさえられることが決め手」となり、「一新LDK」プランでリフォームすることになりました。

奥様のお父様と共用で2階のLDKを使っていたときは、収納スペースが少なく、ダイニングテーブルに物が置かれたままになりがちだったため、リフォームに際してはパントリーや大容量の背面収納付きのペニンシュラキッチンを採用。また、廊下の一部をダイニングに取り込み、広々としたLDK空間としました。

「部屋が広くなり、収納も増えたことできれいに片付き、居心地も良くなりました。以前は3階の子ども部屋で過ごしがちだった子どもたちも自然とLDKに集まるようになって、食卓も全員で囲めるようになりました(笑)」とご主人。キッチンで奥様とお子様が一緒にお菓子づくりをしたり、お子様がリビングのハンモックを順番に使ったりと、「同じ空間で過ごす時間が増えたことがとてもうれしい」と、高評価をいただきました。

  1. 【Before】リビング 【Before】和室(間取り図Bの位置)
    リフォーム前は和室で、奥様のご祖母の寝室として使われていました。

  2. 【After】リビング 【After】リビング
    畳をフローリングにして、ダイニング・キッチンとひと続きのLDKに。人数分のソファを置くと圧迫感が出るので、代わりにハンモックを置きました。

モスグリーンの壁と障子を取り入れ、
和モダンなインテリアに

間取り以外に、奥様がもともとお好きだったインテリアにもこだわったと言います。「LDKの壁一面を私の好きなモスグリーンにしました。その他の壁や天井は、インテリアアドバイザーの方からグリーンに合う色を提案いただいたおかげで調和の取れた空間になり、とても気に入っています」とご満足いただいています。また、窓のすぐ横に隣家が見えることもあり、プライバシーを確保しながら、閉めたままでも室内に明るさを取り込める障子を設置。カーテンを取り付けるよりも空間がすっきりとまとまり、LDK全体が和モダンの落ち着いた空間になっています。

  1. 【Before】ダイニングキッチン 【Before】キッチン・洋室(間取り図Cの位置)
    もともとは、奥様のご祖母が使っていた壁付けのミニキッチンと物入がありました。

  2. 【After】ダイニングキッチン 【After】キッチン・ダイニング
    「一新LDK」プランは水まわりの変更が可能なので、キッチンの位置を変えてペニンシュラ型に。

さらにダイニングの一角にはデスクスペースを設置して、その壁面に電気のスイッチパネルを集約。「せっかく素敵な空間なのでいろいろなところにスイッチをつけたくないなと思って……。すると主人が『スイッチパネルが1カ所だと実際は不便だから、声で操作できるようにしよう』と提案してくれて、スマート家電を取り入れたんです」と奥様。
今回のLDKリフォームは全体的に奥様がご要望やアイデアを出し、ご主人がサポートされるかたちで絆をより深めながら計画を進められてきたそう。「この家はね、お母さんの夢がつまっているんです!」と小学生のご長男が笑顔で話してくれたのもほほえましく、印象的でした。

「家族が過ごしてきた家の思い出を残しながら、今後もその時々の家族の形態に合わせて、住みやすいようにリフォームしていきたいですね」と奥様は話してくださいました。

Reform Gallery リフォームギャラリー

  • Before間取り図

  • After間取り図 リフォームプランは、リフォーム当時の法規制、
    社内ルールに則って作成しております。
    一部、ルール変更やお客様の仕様・年代等により
    同じリフォームプランができない場合がございます。

お客様の声

Y様

プランを決める段階で「こういうことはできますか?」といろいろな相談をしましたが、構造的に難しい点についても単純に「できません」ではなく、「こんなのはどうですか?」とさまざまな視点で提案していただけたので、納得のいくリフォームができました。実は他社さんも検討したのですが、旭化成リフォームさんはこちらの漠然としたイメージを具体的に落とし込む提案力が抜群だったのでお任せすることに。工事期間も、毎日の工事内容を丁寧に説明してくれて、安心して過ごすことができました。子どもたちも工事スタッフの方を信頼していたようで、長女がお礼の手紙を渡していたことをスタッフの方から聞いて驚きました!

営業担当者の声

間取りを自由に選べるプランということで、毎回のお打ち合わせのたびに細部まで具体的なイメージやご要望をお伝えいただいたことが印象的でした。収納や動線のお悩みについても、ご満足いただける提案ができたようでよかったです。

設計担当者の声

今回はLDKのリフォームがメインでしたが、パントリーやデスクスペースを設置するなど、ご家族のライフスタイルに合わせて間取りを変更しました。収納を増やして動線を意識することで、5人家族でも快適に過ごせる空間をご提案できたと思います。インテリアについてもご夫婦のイメージが明確だったので、お打ち合わせがスムーズでした。

設計担当と営業担当 右から営業担当、設計担当。

関連メニュー

お問い合わせはこちら


関連実例

実例集一覧へ戻る

お問い合わせはこちら