ペットと暮らす

犬と暮らす毎日。猫と過ごすひととき。それは私たちに喜びや安らぎを与えてくれます。しかし、室内飼いが主流となったいま、運動不足やストレスなどの問題も注目されるように。そこで、HEBEL HAUSはペットと共に生きるということを、あらためて考えました。ペット、飼い主、周囲の人々、みんなが心地よく暮らせる住まいづくりを提案します。

Point ポイント

1 ペットと歩む人生が、幸せで満たされるように。

人とペットが暮らす家を作り続けて20年以上。ペットを取り巻く環境は時代とともに変化し、その度にHEBEL HAUSも進化してきました。家族にかけがえのない思い出をくれるペット。そのペットにも豊かな一生を送ってほしいから。「幸せな共生」を目指す、私たちの研究は続きます。

HEBEL HAUSの歩み

1. Start

1998年、社内にペット研究会を発足。誰もがペットと当たり前に暮らす時代の到来を予測し、いち早く研究をスタート。

2. Family

2000年、ペットを「家族の一員」と位置付け、業界初のペット共生戸建住宅「ヘーベルハウス +わん+にゃん」を発表。

3. Society

2003年、ペット共生社会の変化を受けペットも「社会の一員」としてリニューアル。来訪者や近隣への配慮を強化。

4. Nature

2011年、ペットの室内飼育化が進むのに合わせ、自然との関係が深いペットが、家にいながら自然を享受できる住まいを提案。

5. Distance

おうち時間が増え、人とペットが一緒に過ごすことが多くなったために両者の距離感に生まれた変化。常に一緒にいることがペットのストレスになる場合も。互いに心地よい、ちょうどいい距離感を保てる工夫を凝らしています。

ペットフレンドリーホーム宣言

ペット共生住宅のパイオニアとして、これまでの実績が高く評価され、HEBEL HAUSは「ペットフレンドリーホーム宣言」をいたしました。これからも、人とペットのより良い共生を目指して、住まいづくりを中心としたさまざまな取り組みを行って参ります。

※ペットフレンドリーホーム宣言とは

公益社会法人「日本愛玩動物協会」がマンションや住宅などの関係者に対して、ペット共生住宅の実現を願って呼びかけている「行動」です。

ペットフレンドリーホーム

2 ペットと快適に暮らす リフォームのポイント

ひだまりで眠る午後、やわらかなそよ風を楽しむ夕暮れ…。家の中で心地よさそうに過ごす犬や猫を目にするとき、不思議と私たちも気持ちがいいものです。もともと人間だって、自然の一員。犬と猫が心地いい家は、人も気持ちがいい家なのです。これからのペットとの暮らしのために、自然の恵みを取り入れる空間づくりを始めてみませんか?

ペットのためのリフォーム内装・設備

ペットの種類や生活スタイルによって、空間に求められる要素は様々です。それぞれの暮らしに合った便利と快適を実現するために、専用の内装材や設備まで、多彩なアイテムを取り揃えています。

カーペット

滑りにくく、ペットの足腰に優しい素材のカーペットは、肌触りも優しく、寒い季節には温もりを求めるペットの居場所に。抜け毛も舞いにくく清潔です。

フローリング

特殊加工の木材を使用した「突板フローリング(HWシリーズ)」は、ペットが走っても傷つきにくく、ワックスフリーでお手入れも簡単。また、カラーバリエーションが豊富で好みのインテリアコーディネートもできる、機能性とデザイン性を兼ね備えた床材です。

室内床タイル

傷や汚れに強く、抜け毛も気になりにくい、美しさが長持ちする床タイル。滑りにくくて歩きやすいため、ペットの体にかかる負担も軽減できます。夏場でもひんやりとするので、体温調整にもぴったりです。

パントリー

キッチンそばのパントリーは、食品や生活雑貨などはもちろん、ドッグフードやペット用品の置き場にも最適です。

エントランス

玄関そばの「シューズクローク」は、靴や生活用品だけでなく、お散歩に必要なペット用品も片付けられます。収納機能だけでなく、散歩に出かける準備や帰った時の後片付けもラクに行え、お散歩がより快適に。また、帰りの動線に「マナーシュート」や「マルチガーデンパン」を設置すると、散歩での汚れを家に持ち込まずに済み、清潔できれいな暮らしが保てます。

勝手口にお散歩用の動線を設けると便利。
散歩帰りのペットの世話が格段に楽になります。

外で使うものが片付く玄関そばの「シューズクローク」。
お散歩グッズの整理に活用すれば、すっきりした玄関が実現します。

犬間

リビングやダイニングの一角に、生活ゾーンを区切って「犬間」を設置。犬がひとりになりたいときや、飼い主に怒られたときなど、好きなタイミングで入れる隠れ家として最適な居場所になります。階段下などのスペースを利用すればインテリアの邪魔をすることもなく、人も犬も、お互いにくつろげる空間をつくることができます。

リビングやダイミングの一画に、犬が好きなタイミングでひとりになれる「犬間」を設置

決まった居場所を好む犬にとって、「犬間」は安らげる場所。

リビング横の階段下などに、犬が過ごせる空間を確保。

窓周り

人がいなくても、ペットが快適かつ安心して過ごせる配慮が必要なお留守番。不審者の侵入などを防ぐ「ベルトウィンドウ」や「換気・採光用シャッター」は、窓を開けておけるので、暑い季節でも新鮮な外気を室内に取り込めます。目隠しと通風性を兼ね備えた「ルーバースクリーン」も、夏場の留守番や就寝時にペットも人も快適にしてくれるアイテムです。

ペットの快適と安全を守る「換気・採光用シャッター」。

3 災害時に、あわてないために。

大切なペットを災害から守れるのは、飼い主だけです。「災害時は日常の延長」と意識し、日頃から様々な事態を想定した準備と心構えをしておきましょう。

1 もしもの時もいつも通り

災害時もペットがいつも通り落ち着いていられるために、普段から安心できる居場所を設けてください。もし姿が見えなくなっても、そこを探せばすぐに見つかります。また、居場所をケージにすれば、持ち運べて避難もスムーズ。食べ慣れたご飯など、日用品のストックも忘れずに。

2 災害後も暮らせる住まい

災害時、早々にペットと一緒に避難所に入れるとは限りません。また、ペット用の物資もすぐには届きません。太陽光発電と蓄電池を備えておけば、災害後も電気が使えるので在宅避難が可能です。ヘーベルハウスなら断熱性も高く、暑さや寒さに弱いペットも安心です。

3 ご近所で助け合える関係

近くに住む飼い主さんとは、一緒に避難生活を送る可能性があります。普段から仲良くしておけば、いざという時に心強い味方に。情報交換や助け合いができるよう、連絡先を交換しておきましょう。見かけたらご挨拶して、ペット同士も「顔見知り」になっておくとより安心ですね。

\HEBELIAN NET.会員限定/

HEBELIAN NET会員様限定で、ペットの「しつけ」や「フード」などの日常のお悩みから「病気・健康」に関することまで、獣医師や動物看護師に無料でお気軽にLINEで相談できるサービスです。

HEBEL HAUSペット健康相談室公式LINEへのご登録はこちらから

スマートフォンでこのページをご覧の方

スマートフォンでこのページをご覧の方は、以下の「友だち追加」ボタンをクリックして、追加してください。

※LINEアプリを利用していない方はご登録前にLINEアプリをダウンロードしてください。ダウンロード方法は下記ご覧ください。

スマートフォン以外でこのページをご覧の方

スマートフォン以外でこのページをご覧の方は、お使いのスマートフォンでLINEアプリを起動し、「友だち追加」→「ID検索」で「@hebelian」とご入力いただき、または「公式アカウント」→「ヘーベリアン」を検索して、登録してください。

2次元コードからも登録できます

LINEをご利用の方はもちろん、まだはじめていない方もぜひ、この機会にヘーベリアン公式アカウントのお友だちになって、HEBELIAN NET.をもっと便利に使いませんか?

\便利に使えてメリットいっぱい!/

ヘーベリアン公式LINE

日々の暮らしのお役立ち情報についてもっと詳しく知りたい方に!ヘーベリアンのためだけの公式LINEアカウントがございます。その他にも便利な機能やお得なキャンペーン情報をお届け予定!友達登録はバナーからご確認ください。

リフォームメニュー一覧へ戻る

ペットと暮らすに関連する実例をみる

リフォーム実例をもっと見る