屋根

屋根は風雨や降雪から住まいを守ると同時に、外観を印象付けます。
時期や性能の低下などに合わせ、適切なメンテナンスが大切です。

Point ポイント

雨漏りは建物の老朽化や劣化を進める大きな原因の一つです。住まいをより長持ちさせ、美しい外観を保つために、屋根のメンテナンスは欠かせません。

1 適切な屋根メンテナンス時期

勾配屋根の耐久性は、「屋根材」と「ルーフィング」で決まります。屋根材に目立った損傷がなくても、防水の役割であるルーフィングが劣化していると雨漏りなどの原因となるためです。
耐用年数の目安は30年と言われ、旭化成リフォームでは2回目の外壁塗装工事の際に屋根も同時にメンテナンスすることをお勧めしています。

2 屋根の防水性能の低下

外部にさらされている屋根材は一見健全のようでも、内部にあるルーフィングは経年劣化しています。築25年頃から釘穴まわりの密着力がなくなり、止水性が低下し始めます。放置していると野地板が吸水して腐朽してしまうので、メンテナンスが必要となります。
また屋根の棟や谷、軒先を納める鋼板部材も25~30年で錆びや腐食が発生します。

3 30年耐久の下葺材と屋根材

旭化成リフォームで使用する下葺材は、一般住宅で多用されているルーフィングよりもさらに強度の高い「改質アスファルトルーフィング」を採用。さまざまな点でトップレベルの性能を有しています。

屋根材には、色褪せしにくい、30年耐久の「コロニアルグラッサ」を使用。横一文字葺きで、和風からモダンデザインの住まいまでさまざまな外観に合い、自然に溶け込みます。