賃貸リノベーション

賃貸物件のリノベーションは入居状況やニーズの変化、工事期間や費用の捻出など、さまざまな要素が絡み合います。HEBEL HAUSのような躯体が頑強で長持ちする建物であれば、特に年数が経過した物件は内部だけをリノベーションすることによって家賃アップや空室対策に直結するため重要です。
ここでは、賃貸リノベーションのメリットや流れをわかりやすくご説明します。効果的なリノベーションで、長く安定した賃貸経営を叶えましょう。

こんなお悩みありませんか?

空室が埋まらない

一般的に賃貸物件は新築から順に埋まっていきます。築年数が経過すればするほど、立地条件や家賃などに優位性がない限り、入居者の獲得が難しくなります。
しかし、周辺エリアの入居者ニーズを的確に捉え、周辺物件と差別化することで、選ばれる物件にすることができます。

定期的なメンテナンスの費用負担が大きい

一般的には、3〜5年で入居者が入れ替わります。
そのたびに修繕費用がかかり、10年、15年と長く住み続けた方がいれば原状回復だけで工事費がかさみ、経営を圧迫することもあります。
定期的なメンテナンスだけで手一杯と思う方が多いのですが、築20〜30年経つと設備の劣化も見られるようになります。そんなときこそ先を見据えた全体リノベーションの費用対効果を視野に入れて検討することが大切です。

止まらない家賃の値下がり

新築から10年程度までは家賃がそこまで大きく下がることはありませんが、築15~20年になると少しずつ家賃が値下がりし始めます。しかし、空室対策として家賃を下げると簡単に考えてしまうのは危険です。リノベーションすることで、家賃を戻し、値下がり率を低くしていくこともご検討が必要です。

Renovation Case 賃貸リノベーション実例

時代の流行や周辺エリアのニーズを踏まえたリノベーションにより、家賃アップや人気物件に生まれ変わった事例をご紹介します。建物が20 ~30年も経つと、間取りやインテリアの流行は当時とは変わってしまうため、時代に合わせて定期的にリノベーションをしていくことが重要です。

CASE 1

2DK → 1LDKで
家賃も約4割アップ

1980年代の物件に多く見られる和室ありの2DKを、全室フローリングの1LDKに。広々とした土間やオープンタイプの収納など時代に合わせた機能性も追加しました。

所在地

東京都
京成線 京成小岩 徒歩12分

築年数

1988年

専有面積

48m2

プラン

2DK → 1LDK

家賃

7.6万 → 10.6万(約40%UP)

Before

Floor Plan 間取り

  1. Before

  2. After

CASE 2

2DK → 2LDKに間取りを変更すると同時にグレード感も付与

2DKを価格帯の高い2LDKに変更すると同時に、新たな入居者層に合わせて無垢フローリングやウォークインクローゼットを採用。工事費は9年で回収できる見込みです。

所在地

東京都
京王線下高井戸駅徒歩 5分

築年数

2003年

専有面積

61m2

プラン

2DK → 2LDK

家賃

13.7万 → 19.2万 (約40%UP)

Before

Floor Plan 間取り

  1. Before

  2. After

HEBEL HAUSが選ばれる理由

  • LONGLIFEパートナーとして長期にわたりサポート
    賃貸管理している旭化成不動産レジデンスの担当者がオーナー様と密にやり取りを行い、3年先、5年先を見据えた賃貸経営のご提案をいたします。
    周辺エリアの家賃相場や入居者ニーズを常に把握し、場合によってはこの先々の収支シミュレーションを出すなど、オーナー様が安心して賃貸経営を行えるようサポートいたします。
  • 頑丈なヘーベルメゾンの性能と豊富なリノベーション実績
    耐用年数が60年以上のヘーベルメゾンは、外壁塗装や防水などのメンテナンス工事をきちんと行えば、築30年でも年数がそこまで経過したように見えず、長く安定した賃貸経営を実現。
    また、旭化成リフォームは豊富なリノベーション実績を持ち、オーナー様のご要望や物件の特徴に合わせて最適なご提案をすることができます。
  • 旭化成ホームズグループ各社で連携し、各分野の専門知識とノウハウを共有
    HEBEL HAUSの構造を知り尽くした旭化成リフォーム、独自のノウハウと高いコンサルティング力を有する旭化成不動産レジデンスなど、専門性の高い関連会社が相互に連携することで、オーナー様の多様な課題を解決します。

Renovation Flow 賃貸リノベーションの流れ

  1. 1. ご相談

    オーナー様のご要望を細かくお伺いします。

    退出や解約のお申し出があったタイミングで、旭化成不動産レジデンスの担当や旭化成リフォームの担当にて、オーナー様のご要望をヒアリングいたします。

  2. 2. プランニング

    リノベーションプランをご提案します。

    内装や水回りなどの部位別リフォームから間取りの変更といったリノベーションまで、ご要望に合わせて最適なプランをご提案いたします。

  3. 3. 現状調査

    実際のお部屋を拝見し、プランを細かく見直します。

    入居者様が退去された後、お部屋の現状を調査し、オーナー様のご要望をさらに細かく伺いながら、リフォームプランを調整いたします。

  4. 4. お見積り

    リノベーションプランとお見積りをご提案します。

    現状調査を踏まえてリノベーションプランが概ね固まった段階で概算見積書をご提案いたします。それをもとに細かい点まで確認し、打ち合わせを重ねます。

  5. 5. ご契約

    プラン・着工日・金額などを決定、ご契約へ。

    プランの内容や着工日、金額をご納得いただいた上でご契約を交わします。

  6. 6. 着工

    リノベーション工事を開始します。

    ヘーベルハウスの構造を熟知した工事担当者、工事店が現場を統括し、責任を持って工事を行います。

  7. 7. 家賃決定・入居者募集開始

    工事と同時進行で、入居者の募集を開始します。

    リノベーション内容を踏まえて、査定を行い、家賃を決定します。また、工事完成後にすぐ入居できるよう、工事の途中段階で入居者の募集をかけていきます。

  8. 8. 中間確認

    オーナー様に工事の途中経過をご確認いただきます。

    スイッチやコンセントの位置、照明など、図面上での打ち合わせでは把握しづらい部分を、オーナー様に現場で一緒にご確認していただきます。

  9. 9. 完成検査

    工事完了後、仕上がりを確認します。

    現場責任者が仕上がりを入念にチェックします。その後、オーナー様に最終確認をしていただきます。

  10. 10. 完成・お引き渡し

    新しい入居者様の生活スタートです。

    最終確認で特に問題なければ、そのままお引き渡しとなります。入居者様が決まっていれば、すぐにご入居を開始していただけます。