賃貸化(資産価値を活かす)

相続や家族構成の変化によって空き世帯や空き家ができてしまったとき、有効活用するために賃貸化を考える人も少なくありません。
しかし、はじめての賃貸は空室のリスクや運営管理の仕方など、心配ごとやわからないことが山積み。私たちは賃貸に有利なリフォームプランのご提案や入居者募集、管理、保証など、賃貸化のさまざまなご相談に対応します。 賃貸化、一括借り上げ、家賃保証などのシステムについては、法規制や立地判断などでお受けできないケースがございます。

1 賃貸化リフォームとは

空き家を賃貸用にリフォームして有効活用。
賃貸経営もサポートします!
住み替えや相続で空き家の扱いに悩まれたときや、売却時期までに少し時間が開くときなど、リフォームして賃貸化することで収入を得ることができます。心配な空室対策も旭化成グループの一括借上げをご利用いただくことで、毎月一定額の賃料をお支払い。ほかにも、空き室リスクや管理の不安を解消するサービスをご用意しています。
将来的に二世帯住宅にすることも、再度自分たちが住むこともでき、その時々のニーズに合わせた運用が可能です。
また、お持ちのヘーベルハウスを賃貸化するためのリフォームだけでなく、土地活用・資産運用まで、オーナーの皆様一人ひとりの状況に合わせたご提案をいたします。

2 住まいの空き部屋や空き家でお悩みの方へ

二世帯住宅、子どもの独立、相続…
空き部屋・空き家に関するこんなお悩みはありませんか?
  • 親が他界して、二世帯住宅の親世帯のスペースが空いてしまい、もったいない…。

  • 空き部屋をリフォームして、賃貸にしたら収入を得られるの?

  • 親から譲り受けたヘーベルハウス。思い出もあって手放したくないけど、自分の家はあるし、どうしよう…?

3 賃貸化リフォームのモデルケース

ご家庭の事情やお住まいの状況は人それぞれ。
さまざまなニーズに合わせて、最適なご提案をいたします。

CASE:親世帯の他界に伴い、二世帯住宅を賃貸化

  1. 二世帯住宅 1階=親世帯(2人)
    2階=子世帯(3人)

  2. 単世帯+賃貸化 1階=賃貸化+一部自宅
    2階=子世帯(3人)

1F

  1. Before

  2. After

2F

  1. Before

  2. After

【賃貸化point】賃貸化で収入を得ながら、将来は子どものために

両親が他界して2年が経過した頃、自分たちはまだまだこの家で暮らしていくが、親世帯(1階)は空いたままで、どうしていいか迷っていました。そのままにしておくのももったいないと思っていたところ、ヘーベルハウスが「賃貸化」を提案してくれたんです。元々、2階は手狭だったので、子ども用の個室も造りつつ、1階と2階を同時にリフォーム。これなら、将来子どもが独立した時に、1階に住まわせることもできるので安心です。

4 賃貸経営がご不安な方にも安心のサポート体制

旭化成グループによる賃貸一括借上げシステム

賃貸用にリフォームされた住宅やお部屋を、HEBEL HAUSで一括して借上げるシステムです。空室や入居者の家賃滞納があっても、HEBEL HAUSがオーナー様に毎月一定の賃料をお支払い。オーナー様に代わって貸主となり、管理・運営を代行いたします。そのため、オーナー様が賃貸経営の管理業務に煩わされることはありません。

条件により、借上げができない場合があります。

  • 2年毎に賃料の見直しを行います。また、借地借家法第 32 条の規定により、賃料は減額されることがあります。
  • 一括借上げ契約期間中においても、当社等から解約することができます。オーナー様から解約をする場合には、借地借家法第 28 条の規定により、正当な事由があると認められる場合でなければ解約することができません。
  • 居住者がいるので犯罪に利用されるリスクが減少します。日々の管理も旭化成にお任せください。

  • 空室があっても旭化成グループから一定額をお支払いします。

  • 一括借り上げの賃料収入をローンの返済に充てられます。返済が終われば賃料収入は自由な資産に。

ご自宅を優良物件と国が認定する「かせるストック」

国土交通省が支援する一般社団法人移住・住みかえ支援機構(JTI)では、外部の耐久・耐震性基準を満たし、長期にわたるメンテナンス体制を備えた新築住宅を、「かせるストック」(正式名称:移住・住みかえ支援適合住宅)として認定。認定を受けた住宅は、通常50歳以上の利用条件に関係なく「マイホーム借上げ制度」を利用することができます。

賃料や入居者が安定するのかどうか不安…
制度を申し込み後、1人目の入居者が決定以降は、借り手がつかなくても規定の賃料を保証。安定した収入が得られ、ローンの返済など資産運用が可能です。
空き家にしておくのはもったいないけど、また戻ってくるし…
入居者とは定期借家契約(3年以上10年以内)となるため、再契約しなければ、再びマイホームに住むことができます。入居者が居座ったり、立退料を請求されたりすることもありません。
入居者の管理が自分たちでできるか心配…
JTIが借り上げて転貸するので、家賃の未払いやクレームなどの入居者対応はすべてJTIにお任せ。オーナー様が入居者と直接関わることはなく、入居者とのトラブルの心配はありません。

「マイホーム借上げ制度」詳細はこちら

5 へーベルハウス賃貸化の流れ

空き家にはしたくないけれど、空室リスクや管理の不安がつきまとう賃貸化リフォーム。中長期的な資金繰りや管理メンテナンスのプランを踏まえながら進行するので、賃貸経営の知識や経験がなくても安心です。

  1. 1. ご相談

    「空き家にしたくないから賃貸化したい」など、オーナー様のご要望を細かくお伺いします。

  2. 2. 現地確認・リフォーム内容のご提案

    賃貸化にあたって有利になるリフォームのコツもお教えします。

  3. 3. 査定

    メンテナンス状況を踏まえ、ヘーベルハウスの価値を最大限に評価します。

  4. 4. リフォーム契約・家賃保証契約

    家賃保証もあり、将来的な資金繰りまで提示されるので安心です。

  5. 5. 着工・物件紹介スタート

    ネットワークを駆使して、完成後の住まい手を探します。

  6. 6. 引き渡し・賃料支払いスタート

    万が一、借り手がつかなくても、家賃保証があるため、ローン返済も心配ありません。

賃貸経営に関して 詳細はこちら

賃貸化に関連する実例をみる

リフォーム実例をもっと見る