CASE 13

IntroductionI邸[神奈川県横浜市]

築年数

26年

床面積

1階 110.42㎡ 2階 109.31㎡

間取り

リフォーム前:LDK×2+4部屋
リフォーム後:LDK×2+7部屋

家族構成

新築時:祖父、祖母、ご主人、奥様、長男、次男、三男
リフォーム時:奥様、長男夫婦、お孫様2人、次男

Floor Plan I邸1階間取り

  1. Before

  2. After

1F(親世帯)

同居を考えたとき、リフォーム計画は始まった

I邸はI様のご両親とI様ご家族の同居をきっかけに建てられた二世帯住宅でした。I様はこの家の2階で、1階に住むご両親の温かい支えを得ながら、3人の息子さんを育て上げました。ご長男、ご三男はそれぞれ独立、ご両親は他界され、ここしばらくはI様とご次男が2人で暮らす日々が続いていました。そんな状況を内心、常に心配されていたご長男家族から「家に戻るから、一緒に住もう」と提案が持ち上がります。I様は「昔、両親が娘の私にしてくれたことを、こんどは私が息子たちにしてあげる番がきた」と、人生の巡り合わせを感じられます。ご長男が同居を考えたとき、I邸は新しい二世帯住宅への改装が始まったのです。
リフォーム後、1階にI様とご次男、2階にご長男家族が住まう新しい生活が始まりました。1階は広々としたLDK空間になりました。スライド式引戸を開けると、隣接する和室とも一続きになります。2階のお孫さん、近所に住むご三男ご家族も集まって楽しく過ごせるリビングになりました。

Before

Before

After

Floor Plan I邸2階間取り

  1. Before

  2. After

2階(子世帯)

2階はご長男家族の住まいに

今回の同居により、2階はご長男家族の住まいになるため全改装されました。3歳と1歳のお子さんを子育て真っ最中のお2人。キッチンからリビング、その奥にある和室まで全体を見渡せるよう、視線を遮らない構成になっています。和室は、お子さんをお昼寝させたり、オムツを替えたりするのに便利で重宝されているそうです。琉球畳を採用し、全体のトーンに違和感がないよう工夫されました。センスの良い小物のアクセントが効いた、シンプルモダンな空間に隅々まで仕上げられています。
リフォーム前は離れて暮らされ、常に「お母さんたちはどうしているかな」と心配されていたというご長男夫妻。ひとつの家に同居後は、内階段を通じて行き来でき、気になればお互いにすぐ様子が見に行けて安心だそうです。若奥様は「以前は2人の子育てを1人でこなさなくてはなりませんでした。いまはお母様が側にいてくださるから心強いです。自分の時間も持てるようになったんですよ」と話されます。

  1. Before

  2. After

  1. Before

  2. After

(ポイント1) 1階のこだわり

ご両親の思い出に満ちた部屋に いま、子どもたちが集う

1階のリフォームはI様のこだわりが随所に込められました。以前、北東の角にありリビングとは離れていたキッチンダイニングを南側のリビング脇に移動。お孫さんをあずかられる際も、キッチンで家事を行いながらリビングの子どもたちに目が行き届くように配慮されました。

リビングの子供達にも目が行き届く

お孫さんがI様をお手伝い

効収納力抜群のキッチン

キッチンは庭に面した窓から採光でき明るく清潔な雰囲気。奥の壁一面に設けられた収納の豊富さにI様は大満足。収納中央が食器棚になっていて、扉が上下に開閉できるので、取り出したい器が一目でわかって便利とのこと。

取り出したい食器がひと目でわかる

窓からの採光で明るく清潔な雰囲気に

思い出の品が詰まった和室

和室の欄間は、ヘーベルハウスを建てる前にI様のご両親がお住まいだった家にあったもの。また飾られている花のついたてにはI様のお母様の見事な手刺繍が施されています。この家に暮らされていたご両親の面影を感じる品を大切にされています。

ご両親のお住まいにあった欄間

I様のお母様の見事な手刺繍が施されたついたて

(ポイント2) 2階のこだわり

フロア全体の風通しを考え引戸や室内窓を設置

リフォーム前は2階に暮らされていたI様の気がかりは“夏の暑さ”でした。I邸は真南に面した日当たりのよい立地のうえ、以前は間取りの都合で通風がフロア全体を行き渡りませんでした。今回のリフォームでは設計段階から、この“2階の夏の暑さ”対策が重点的に考慮されました。どこの部屋も風が通り抜けるよう、新たにドアや室内窓が設けられました。

新たにドアや室内窓を設けて風通しのよい間取りに

風通しを考慮した通風窓

ご長男家族の寝室は、南側の和室と北側の子ども部屋の間に挟まれるようにあります。西側の窓だけだと風が通らないことから、和室側・子ども部屋側の両方に引戸を設置。開け放つことで南北に風が通るようになりました。また子ども部屋を将来、2部屋に間仕切ったときを想定して室内窓も開口されています。

二部屋に間仕切ったときを想定して室内窓を設置

開け放つと南北に風が通るように

子ども部屋の窓には、手芸が得意な若奥様手作りの可愛らしいカーテンが風になびきます。

若奥様手作りのカーテン

担当者の声

営業担当より

「13年前に初めて伺った時は、ご長男様はまだ高校生くらいだったでしょうか。長くお付き合いしているご家族の、こんなに素晴らしい二世帯住宅をお手伝いできてとても嬉しく思っています。」

1階にI様とご次男、2階にご長男家族が住まう新しい生活が始まりました。

Reform Flow リフォームの流れ

リフォーム工事期間
3ヶ月間(2011年8月-2011年10月)
  1. 2010年10月

    I様から二世帯リフォームの希望を伺う

  2. 2010年10月~
    2011年3月

    プラン打ち合わせ、ショールーム見学等

  3. 2011年3月

    ご契約

  4. 2011年8月

    1階着工

  5. 2011年11月

    お引き渡し

  6. 2012年4月

    お引越し

関連製品

お問い合わせはこちら


関連実例

実例集一覧へ戻る

お問い合わせはこちら